こんにちは!
つくし鍼灸接骨院庚午院です!

 

今回は『手根管症候群』について書いていこうと思います。

 

手がしびれる場合、「首が原因」だと考える方も多いですが、手首で神経が圧迫されて痺れが出ている場合もあります。妊娠中の女性や産後の女性などもなりやすいですが、最も多いのは中高年の女性です。

 

症状としては、親指から薬指までの範囲で手の平と指への痺れ、親指から薬指までの手の甲の側の範囲にしびれが出たり、感覚が鈍くなるなどの症状が起こります。特に人差し指と中指の第一関節から第二関節の腹の部分に強くしびれが出ることが多いです。

朝起きると手がしびれていたり、手首を振ると痺れが楽になるというようなことも見られます。

しびれが出ている場所に関係する神経の根っこが、手首にある手根管というトンネルで何らかの要因によって圧迫されてしまうと、このようにしびれが症状として出てきます。

 

 

原因としては手の酷使、手首の骨折後、手根管内の腫瘍、リウマチによる滑膜炎、妊娠、糖尿病、腎疾患、痛風などホルモンの変化などに随伴するものもあります。中高年の女性に多いのもホルモンバランスによるものではないかと考えられています。

 

 

治療としては、圧迫が起きている場所に電気治療や鍼灸治療で少しでも圧迫を和らげます。

また、周りの筋肉の負担を取り除くためのマッサージやなるべく手首に負担がこないようにテーピングなどをする必要もあります。ご自身でのセルフストレッチも無理のないように行うと効果的ですが、やり方などは専門的な場所に行って聞きましょう。

 

手首に負担をかけないようにする場合、全身の状態を見直して体の使い方を覚えることも大切です。これを機会に体の状態を見直してみましょう。

手根管症候群