こんにちは!
つくし鍼灸接骨院庚午院です!

今回は『オスグッドシュラッター病』について書いていこうと思います。

オスグッドシュラッター病は10歳から15歳ぐらいの小・中学生の男子に多く発症し、女子の場合は、1~2歳早く発症します。ジャンプが多いスポーツをしているバスケやバレー、または足をよく使うサッカーをしている人が多く発症します。

発症に関わってくるのは、膝を伸ばしたりする時などに働く太ももの前側の筋肉の大腿四頭筋です。この筋肉は膝のお皿の下のあたり(脛骨粗面)に付いています。付いている部分は成長期だとまだ骨が弱いので、過度の膝の曲げ伸ばしで負荷がかかりすぎると筋肉に引っ張られてはがれてしまい、症状が出てきます。

症状としては膝のお皿の下の辺り(脛骨粗面)が痛くなり、軽度の腫れや熱感、圧痛が現れます。運動時の痛みが特に強いですが、歩行時や階段の昇り降りでも痛みがでることがあります。また、正座の時に膝の下の床に当たる部分が痛かったり、膝を最大限に曲げた時に痛みがみられます。状態が進んでくると、骨が隆起してきます。

原因としては、骨の成長に筋肉の成長が追いつかないことや太ももの前側の筋肉(大腿四頭筋)の硬さなどが原因とされています。
太ももの筋肉を硬くする要因としては、トレーニング量やトレーニングメニュー、シューズが合っていない、猫背、身体をうまく使えていない、ストレッチで伸ばす場所が間違っている、などが考えられます。

治療としては、まずは炎症や痛みを抑えてあげる電気治療や鍼灸治療、周りの筋肉の負担を取り除いてあげるためのマッサージ、大腿四頭筋に痛みが出ないようにストレッチ、猫背が原因で太ももの筋肉が硬くなっているのであれば、正しい姿勢を維持するために必要な骨格の矯正やインナーマッスルの強化もしていく必要があります。

また、スポーツをしている方はスポーツを中止することをオススメします。
成長期の身体の不具合はしっかりと治しておかないと後から身体に症状が出てきやすく、今後も競技を続けていくのであれば、焦らずに状態を良くすることが大切です。

オスグッドになったのをきっかけとして、一度身体の使い方を見直し、より上手く身体を使えるようにすることで競技のパフォーマンスを上げていきましょう!