事故にお気をつけください

交通事故

こんにちは!
お盆前ということで、長期休暇中に起きやすい「交通事故」についてのお話です。
お盆には皆さん御旅行の計画や里帰りなど出掛ける事が多くなるのではないでしょうか?
そんな時必ず気をつけないといけないのが、「事故を起こしてしまう事」や「事故に巻き込まれる事」です。︎
ここで昨年のこの時期の事故を振り返ってみましょう。
2016年の大型連休
(8月9日~8月18日の10日間)において、
交通事故で亡くなられた人は全国で105人。
人身事故件数は13926件で、
負傷者は1万8141人。
65歳以上の高齢者が53人で、全体の50.5パーセントを占めています。
高速道路での死亡事故は6件、死者数は6人
飲酒運転での交通事故は67件、死者数は6人
ちなみに交通死亡事故のワースト3は
1位は愛知県:7人
2位は大阪府、福岡県:6人
3位は岩手県、栃木県、神奈川県、長野県、静岡県:5人
となっています。
広島は入っていないですが、危険性がないわけではないですし、遠出される方は巻き込まれる可能性もあります。
普段あまり長距離を運転しない人や高速道路に慣れない人なども沢山おられますし、道路も混み合いイライラして乱暴な運転をしている方もよく見かけるシーズンです。皆さんは平常心で安全運転を心がけて下さいね。
それでも、もし交通事故が起きてしまった場合に必ずするべきことを写真で載せておきますので参考にしてください。
交通事故後に身体の不調が起きてしまったり、よく分からないことがあれば、つくし鍼灸接骨院にご相談下さい。怪我の事はもちろん、保険会社とのやりとりや慰謝料の流れ、治療費など必ず何かしらのお役に立てるはずです。
では、怪我無く良いお盆をお過ごしください(^^♪

関連記事一覧

関連記事はありません。