こんにちは!
今日は、最近少しずつ知名度が上がってきている「ピラティス」についてご紹介します!
ピラティスは元々、1920年代にドイツ人従軍看護師のジョセフ・ヒューベルトゥス・ピラティスが開発したエクササイズです。
戦時中、彼は捕虜として捕らえられ、収容所に送られてしまいます。その収容所の中で行った寝たきりで動くことの出来ない人に対してのリハビリが「ピラティス・メソッド」と呼ばれる考え方の始まりだという風に言われています。
彼はピラティスを単なるエクササイズではなく「全身の細かな筋肉と精神を自分自身でコントロールするための学問=コントロロジー」という風に呼んでいました。
現在では、ピラティスも多くの種類に分かれていますが、どういったやり方でもジョセフ・ピラティスのこの考え方が根底に必ずあります。
ピラティスは身体を鍛えるためのただの運動ではなく、ピラティスを実践することで、理想的な姿勢や動作を学ぶことができ、それによって慢性的な痛みの改善や障害の予防、運動のパフォーマンスの向上からリハビリまでを可能とするのです。
つくしでは、ローラーを使った「ファンクショナルローラーピラティス(FRP)」というものを取り入れています。
数多くあるエクササイズは、初心者から上級者まで幅広く難易度を設定することが出来、それぞれの人に適した方法で実践していきます。
身体の状態をコントロールするにはピラティスがオススメです!
ぜひ一度体感してみてください!