腰椎椎間板ヘルニアについて

症例紹介, 腰痛

こんにちは!
つくし鍼灸接骨院庚午院です!

 

今回は『腰椎椎間板ヘルニア』について書いていこうと思います。

 

症状について書く前に、腰についての説明をしていこうと思います。
ヒトの背骨は頚椎、胸椎、腰椎という風に場所によって名前が分けられています。詳しくは以前の記事の「背骨の構造について」を読んで頂けると分かりやすいと思います。

腰が痛くなったと言われる方の多くが「胸椎の下の方から腰椎の少し下」辺りまでを示すことが多いです。実際、この胸椎から腰椎に移り変わる場所や腰椎から仙骨にかけてというのはとても負担がかかりやすく、特に腰は上半身の重みを請け負う荷重関節と言われているため、障害の起きやすい部位でもあります。

 

 

では、『腰椎椎間板ヘルニア』の説明を行っていきます。
「ヘルニア」というのは本来あるべき場所から脱出・突出した状態のことを言います。つまり、「腰椎椎間板ヘルニア」とは腰椎の間の椎間板が飛び出た状態のことを表します。ヘルニアになりやすいのは20~40代、男性が多いです。

 

症状としては、腰やお尻の痛み、太もものあたりまでへの放散痛、太ももやふくらはぎや足先までのしびれが出る事が多いです。また、足の指を触った時にしびれなどが出ている方は触られた感覚が弱く、足の力が弱くなっていることもあります。

しびれという症状が特徴的で、飛び出てしまった椎間板が背骨の近くを通る神経を圧迫してしまい、症状がでてしまっていると考えられています。

 

原因は多くの場合、日々の生活の中で椎間板への負担が積み重なり発症します。長時間の車の運転や中腰での作業、重いものを持つなど、腰に負担のかかりやすい生活を送っている人ほど発症しやすいです。ただ、そういった負担のかかることをしない方でも発症する人は存在します。

また、負担をかける方でもかけない方でも、体の歪みが大きく関係していると最近は言われています。普段の姿勢などで体が歪んで腰に必要以上の負担をかけ、椎間板を挟む上下の腰椎が椎間板を潰す形になり、椎間板が飛び出てきてしまいます。

 

治療としては、腰回りの筋肉の負担を取りのぞく指圧やストレッチ、強い痛みが出ていれば電気治療も有効です。また、しびれに対しては鍼灸治療を行うことで症状を和らげていくことが出来ます。原因が姿勢であれば、姿勢も整えていかないと今後も症状がずっと続いてしまうことが多いです。

 

ヘルニアは時には、手術が必要になるほどの疾患です。症状が進めば、排尿や排便障害が出てくることもあります。しびれの症状が少しでも出ていたり、腰に痛みが強く出そうになる前に体の状態を変えてヘルニアにならないようにしていくことが大切です。

関連記事一覧