腱鞘炎

症例紹介, 腕・手・肘

「スマホやパソコンを使っていると手首が痛かったりだるかったりする」
「親指の付け根が何もしてなくても痛い」
「指を曲げたり伸ばしたりするのに違和感を感じる」というような症状で悩んでいませんか?そのような症状で悩んでいるあなたは「腱鞘炎」にかかっている可能性があります。
当院にも多くの方が腱鞘炎による症状に悩まされて来院されています。
そして治療させて頂いた多くの患者様から「手首の痛みやだるさが無くなった。」「指を動かすとき違和感を感じなくなった。」「手首にサポーターを付けていたがつける必要がなくなった。」という声を頂いております。

当院には、今まで治療してきたことがあるけれど症状が中々改善されなかった方が多く来院されます。良く聞く話としては「電気のみをかけていたけど、あまり良くならなかった。」「薬をもらって飲んだけど一時的にしか良くならなかった。」「サポーターを付けている時はマシだけど外すと痛い。」というものです。なぜ治療をしていても完全に治ることはないのでしょうか?それは腱鞘炎を起こしている根本の原因を取り去っていないからなのです。

そもそも腱鞘炎とは、手首の骨を動かし指を曲げたり伸ばしたりという動作の手助けをしてくれる腱と、腱が滑らかに動くために腱を包むトンネルである「腱鞘」が擦れあい過ぎて、腱鞘に炎症を起こしてまうことを言います。炎症が起きたことで腱鞘が腫れ、トンネルが狭くなり腱が動きにくくなることで指や手首の動きが悪くなったり、腫れた部分に腱が触れて痛みが出てきてしまうのです。薬や電気治療で炎症を抑え一時的に痛みは取れるかもしれませんが、根本の原因を取り去っていないので再発を繰り返します。

では、腱鞘炎の根本の原因は何か?一つは手指の使い過ぎによる筋肉の緊張、もう一つは身体の歪みです。

手指の使い過ぎは、手指を動かすための筋肉を過緊張させ、手首の関節の動きを悪くします。関節の動きが悪くなると筋肉や腱にかかる負担が増加し、炎症を伴う痛みを引き起こします。また、身体が歪んでいると肩や肘を上手く動かすことが出来なくなり、それらの部分と連動して動いている手首に必要以上の負担がかかってしまいます。

これらの原因を取り除くために当院で行っている治療としては主に3つあります。
①痛みや炎症を抑える治療(鍼灸治療など)
②筋肉の緊張を取り除く治療(指圧など)
③身体の歪みを取り除く治療(骨格矯正)
この3つを行うことで生活の中で出ている痛みを取り除くだけではなく、痛みが出にくい身体を作っていく治療を当院では行っています。腱鞘炎は進行が進むと手術が必要になることもある侮ってはいけない疾患です。当院で一度ご自身の身体を見直してみませんか?

関連記事一覧

// 電話カウントgoogleアナリスト