坐骨神経痛

症例紹介, 脚痛・膝痛, 腰痛

坐骨神経痛とは、大きく分けて二種類あります。
一つは、臀部にある梨状筋という筋肉に何らかのストレスがかかり、梨状筋が過緊張してしまうことでその周囲にある坐骨神経が圧迫されてしまい、下肢へ痺れや痛みが出てしまうというものです。
もう一つは腰椎椎間板ヘルニアや、脊柱管狭窄症のような坐骨神経の出口でもある腰椎に問題があり、その影響で下肢に痺れや痛みが出てしまうものです。
つまり坐骨神経痛とは疾患名ではなく、坐骨神経由来の神経痛すべてを指します。
坐骨神経痛の比率としては、二種類のうち後者が多く、腰椎に問題があるヘルニア予備軍の方がほとんどです。
では坐骨神経痛が現れた患者様につくし鍼灸接骨院ではどのような治療を行っているのかと言いますと、まずはどういったタイプの坐骨神経痛なのかを検査していきます。
どのタイプでも共通しているのは身体の歪みで、この根本的な原因になっている歪みを修正しないと絶対に症状はよくなりません。
特に骨盤や腰椎が大きく歪んでいることが多いので骨盤周辺の歪みを詳しく検査していき、その歪みに合わせた矯正や、正しい姿勢を維持させていく為に、姿勢改善を目的としたピラティスを使ったエクササイズを行っていきます。その後、実際に出ている神経痛に対しては、痛みや痺れに最も効果的な鍼灸治療を行っていきます。
このように、しっかりと根本的なところから治療していくことが大切です。
もしお尻や脚に、痛みや痺れを感じる方がいらっしゃいましたらヘルニアなどの重篤な疾患になってしまう前に、一度ご来院下さい。

関連記事一覧