ロコモティブシンドロームについて

その他, 症例紹介

こんにちは!

つくし鍼灸接骨院庚午院です!

 

今回は、最近よく聞く『ロコモティブシンドローム』についてご紹介しようと思います。
「聞いたことはあるけど、どういう意味?」という方も多いと思います。

 

ロコモティブシンドローム(運動器症候群、通称ロコモ)とは、骨や関節、筋肉など運動器の衰えが原因で、歩行や立ち座りなどの日常生活に障害をきたしている状態のことをいい、進行すると要介護や寝たきりになるリスクが高まります。

 

日本では、「健康寿命(自立した生活を送れる期間)」が、「平均寿命」よりも男性は約9年、女性は約12年も短いことが分かっています。つまり、支援や介護を必要とする期間が平均で9~12年もあるということです。そして、そういった支援や介護が必要になった要因の1位は運動器の障害によるものであるという調査結果も出ています。

 

ロコモティブシンドロームが悪化し、寝たきりになってしまう始まりは体に様々な症状が出ることから始まります。

まずは、骨・関節・筋力の衰えで、骨であれば骨粗しょう症や骨折、関節や椎間板であれば変形性関節症、変形性脊椎症、筋肉や神経であれば神経障害・脊柱管狭窄症・加齢性筋肉減少症などが起こってきます。

それにより痛み、バランス能力の低下、可動域の制限が起きてしまい、体を動かさなくなることで、さらに状態は悪化します。そして歩行や立ち上がり、バランスの保持が困難になり、杖などの支えなしでは歩くことが難しくなるので、歩く量が減ります。最後には立ち上がりや歩行が一人ではできなくなり、日常生活で介護が必要になる寝たきりの状態になってしまいます。

 

骨や筋肉は40歳頃から衰えはじめ、50歳を過ぎた頃から急激に低下します。そのため、特に40歳を過ぎたらロコモ対策を始める必要があります。骨や筋肉を鍛えるには適度な「運動」と十分な「栄養」が不可欠です。自分で体を動かして、適度な負荷を体に与えることで骨や筋肉は鍛えられます。また、骨や筋肉の材料にもなる栄養素をきちんと食事で摂りましょう。

 

最後に、ロコモチェックをしていきましょう。以下の七つに一つでも思い当たることがあれば、ロコモティブシンドロームになっているかもしれません。ご自身だけでなく、周りの方でも症状がないか確かめてみるのもよいかもしれません。

①片脚立ちで靴下がはけない

②家の中でつまずいたり滑ったりする

③階段を上るのに手すりが必要である

④家のやや重い仕事が困難である

(掃除機の使用、布団の上げ下ろしなど)

⑤2kg程度の買い物をして持ち帰るのが困難である

(1ℓの牛乳パック二個程度)

⑥15分くらい続けて歩けない

⑦横断歩道を青信号で渡り切れない

 

いかがだったでしょうか?

当てはまる場合は、つくしにご相談ください!

関連記事一覧

// 電話カウントgoogleアナリスト