上腕骨外側上顆炎(テニス肘)について

症例紹介, 腕・手・肘

こんにちは!
つくし鍼灸接骨院庚午院です!

今回は『外側上顆炎(テニス肘)』について書いていこうと思います。

「テニス肘」という名前の印象が強いですが、この名前は通称で、正しい疾患名は「上腕骨外側上顆炎」といいます。
また、この疾患はテニスをしている人だけではなく、手を使う軽作業をする人やパソコン操作をされる人、重たい物を運ぶ人などでもよくみられる疾患です。最近では、介護職に就かれている方などにも多い症状かと思われます。

症状としては、肘の外側の少しポコッと出ている骨の近くが痛くなります。「上腕骨外側上顆炎」とは、このポコッと出ている骨に付いている筋肉の使い過ぎによって炎症が起きることで痛みが出てきていると考えられています。

物を持ち上げる瞬間に痛みが出たり、タオルを絞る動きで痛みが出たり、テニスのラケットをバックハンドで握ってボールを打った瞬間に痛みが出ることが多いです。

 

原因は単純で、筋肉の使い過ぎによるものが大きいです。

なので、治療としては炎症や痛みを抑えてあげる電気治療や鍼灸治療、周りの筋肉の負担を取り除いてあげるためのマッサージ、痛みが起きる方向に手首がいかないようにテーピングなどをする必要があります。

痛みをある程度感じなくなってきたら再発を防ぐために肘まわりの筋肉のストレッチや筋力強化、テニスをしていて痛みが出たのであればテニス動作の確認なども行っていくと良いでしょう。

 

お仕事などで症状が起きてしまっている方は治療をしていても、なかなか状態が変わらないことが多いですが、継続した治療を行うことで痛みが和らいできます。日常の習慣の中にストレッチを入れることでも症状が変化していきますので、少しずつ日常も変えてみることをオススメします。

関連記事一覧